さとっちのヴァカ生活日記


by rs126_sato
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なつかしの四国ツーリング

何となく昔の写真を整理していたら出てきたので・・・(笑
大型連休がそろそろ近付いてきているわけだがどうしてもこの季節になると行きたくなるところ、それが四国ツーリングだったりする。
今は手元に無きCBR1100XXで行ったなぁ。

d0017712_017610.jpg
これ出発前のパッキング模様。
kappaのk42BOXにラフローのサイドバッグ+シートバッグ+寝袋・・・。
一体装備重量は何kgあったんだろうと今更ながらにぞっとするときがあるが私のこの装備なんてまだまだ軽いほうで、中にはホームセンターでよく売られている工具箱2段重ねの方なんてのもいらっしゃる。
フェリーに揺られて昼頃に徳島着。
夜のフェリーは結構東京の夜景がきれいだったりするが部屋割り(フェリー会社の人が勝手にやってしまうんだけどね)によっては眠れないって場合も。
なんせ人が多いから(半数以上がライダー)大部屋なんかに通された日にゃもうせまくて暑くて寝れない・・・ってな状態に。

d0017712_23554370.jpg
これはフェリーから降りた後の道チェック状態だったかな?
大抵徳島のフェリーターミナルから国道55号を使って室戸岬を目指す。
道は結構綺麗で海沿いを走ったりして非常に気持ちが良い。
徳島県内にはライダーズハウスがいくつか点在しておりここをベース地にして移動することが多かったので主に徳島県内をグルグル回った、というのが多かった。
というよりもマップルにあまり良いキャンプ地候補が無かったため、というのが多いのだが・・・。

で、これが四国で有名な国道439号(笑
しかしあまりに道が酷いために国道ではなく大抵の人はこういう道を酷道と呼ぶ(笑

d0017712_035532.jpg
基本的に軽トラックが1台ギリギリ通れるくらいの幅しかなくて、しかも一方通行じゃない。
バイクと軽トラのすれ違いでも結構苦労する。
しかも道の真ん中にコケ生えてるし(汗
崖側は舗装が薄いのかハンマーとかでガッツン叩いたら余裕で割れそうなくらいヘボヘボ道。

d0017712_065868.jpg
これは鳴門大橋を渡って淡路島に行ったときの様子。
っていうか淡路島→神戸を結ぶ「タコフェリー」というモノに乗るのを待ってるときの写真かな?
明石海峡大橋の真下をくぐって神戸へと向かうわけだがなかなか船は快適。
ただこのフェリー、非常に危険装備が付いていて自動ドアが殺人的だった(笑
通常は人が近付くと開く、というのがアタリマエなのだがセンサーが反乱を起したのか、人が近付くと驚異的なパワーで閉まろうとする(笑
っていうかマジ危険。
たまたまこの自動ドアの近くに座っていたのだが子供が挟まれそうになったのを助けようとしたお父さんの首を自動ドアが締めにかかるし(汗
さすがにあわてて助けに入ったが・・・。
でもタコフェリーは内装綺麗だし非常に快適な旅気分だった。
料金も安いし。

あーまた四国行きたいなぁ。
やはりGWなんかは人気らしくて見かけるライダー殆どが四国外ナンバー。
つかご近所ナンバーばっかりだったし(笑
道ですれ違えば99%ピースサインが帰ってくるし、ライダーズハウスは同じライダー同士で非常に楽しいし盛り上がれる。
ライダーズハウス以外にもキャンプ場でのライダー同士のふれあいもまた楽しいものがある。

・・・四国ツーリングは2回程行ったが悔しかったのが四国カルスト。
天気が悪くて霧がものすごい濃くてなぁんにも見えない・・・。
こればかりは悔いが残った。

地図でみれば北海道よりも小さい四国。
北海道も憧れの地だが、四国は小さいながらも魅力がギューっと詰まっていてとても楽しい。
また、お遍路さんも多いしなんせ道を走っていれば旅人が沢山居るのだ。
だから地元の方も旅人に非常に優しい。とても人情溢れる土地。
今年は2人乗りも解禁されたし、GWの四国はライダー達で賑わうのではないだろうか?
今は体力的にも猫事情のためにも行けなくなってしまった四国だが、またいつか旅したいところである。
[PR]
by rs126_sato | 2005-04-05 00:18 | バイク